劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2007-01-05-Fri-02:33

エンジョイ

記事はこちら 
劇場紙風船 
『エンジョイ』の前に
エンジョイ(四幕)/RIDING GIANTS

エンジョイ
新国立劇場『エンジョイ』撮影:谷古宇正彦

舞台写真が予感させる、めんどくさげな身体。実際そのとおりなのだが、文章で拍車をかけては元も子もないので、できるだけ読んでいる方が引かない書き方を心がけた。

書き終わって改めて感じたが、作者はよくこの微妙?なタイトルを考えついたと思う。
元々「enjoy!」という英語の呼びかけには、何か変な感覚があった。その個人的な違和感にぴったりくるすごい台詞が『エンジョイ』に出てきた。それがきっかけで動詞「enjoy」について調べたら、面白いことがわかり…。
続きは上のリンク先をご覧ください。

※もしかしたら「エンジョイ」は、漫画喫茶(の従業員の話)→略称マンキツ→満喫からきているのかもしれない。それだとenjoyよりrevelの方が、訳語としては合う気がする。

さて『エンジョイ』を作・演出した岡田利規のソロ・ユニット「チェルフィッチュ」代表作の一つが『三月の5日間』だ。   
チェルフィッチュ公式サイトより 物語
アメリカがイラクへの空爆を開始した、2003年3月20日前後の東京が舞台。六本木のライブハウスで出会った男女が、そのまま渋谷のラブホテルへ行き、そこで五日間を過ごすことから始まる

続きはこちらです。三月の5日間メモ
スポンサーサイト

【 エンジョイ 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。