劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2008-01-05-Sat-17:43

えびたまごのクリームコロッケ

タイトル・レシピ・写真:松下和代ebikoro
○材料(10個分)
バター 20g
玉ねぎ 1/2個 みじん切り
芝えび 250g
白ワイン 大さじ2
ホワイトソースの缶 1缶
生クリーム 20cc
卵 3個
塩 小さじ1
こしょう 少々
パン粉
卵 1個(衣用)
小麦粉
揚げ油

○作り方
1)下準備
芝えびは背わたを取って、ぷりぷりの感触が残る程度のみじん切りに。
玉ねぎはみじん切りにします。
卵は2個はゆで卵にして、みじん切りにします。

2)フライパンで炒める
フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを透きとおるまで炒めます。
芝えびを炒め、色が変わって火がとおったら白ワインを入れます。
ホワイトソースの缶と生クリームを加えて、弱火にします。
ふつふつとしてきたら火を止めて生卵を加え、一気に混ぜます。
ゆで卵を加え、軽くかき混ぜて、バットに入れて冷蔵庫でさまします。

3)コロッケを揚げる
10等分にして、手を少しぬらし丸く形を整えます。
小麦粉をつけ、卵をつけ、最後にパン粉をつけていきます。
揚げ油の温度は、180?190℃の高温です。
(箸を入れると全体からワーッと泡が出てくる程度が高温です。 )
揚げたてを飾り付けて出来上がり。

スポンサーサイト

【 鑑賞の肴 レシピ 】

2006-12-22-Fri-02:00

オードブル3品 ライスコロッケ/玉ねぎのワイン煮/アスパラのツナソテー

タイトル・レシピ・写真:松下和代3pin.jpg
ライスコロッケ
○材料(10個分)
米・・・2合
トマトピューレ・・・大さじ3
コンソメスープ・・・カップ2弱
みじん切りの玉ねぎ・・・1/2
スライスチーズ・・・30g?お好みで
オリーブオイル・・・50cc
ころもつけ用の小麦粉、卵、パン粉(生)

○作り方
1)米は洗わずにトマトピューレとコンソメスープ、玉ねぎを加えて炊飯器で炊く。
2)スライスチーズを炊飯器の中で混ぜて、10等分の団子状にする。
3)小麦粉、卵、パン粉(生)でころもをつける。
4)小さめ15cm程のフライパンにオリーブオイルを入れ、3)を転がしながら揚げる。

【続きを読む】

【 鑑賞の肴 レシピ 】

2006-09-04-Mon-01:10

しょうが焼き/塩の花 Fleur de Sel

タイトル・レシピ・写真:松下和代s-syougayaki.jpg
○材料(3人分)
ロース薄切り豚・・・・・・6枚
谷中しょうが・・・・・・・6本
片栗粉・・・・・・・・・・適量
ごま油・・・・・・・・・・小さじ2
フランスの塩・・・・・・好みで
ブラックペッパー・・・・・少々

○作り方
1)谷中しょうがをきれいに処理して、塩で軽く下茹でする。
2)冷ましたしょうがの周りに、片栗粉を薄くまぶした豚肉をくるくるまいていく。
3)2)にごま油をなじませて、網で焼く。
4)途中塩をふりながら、まんべんなく焼く。
5)まわりに少し焦げ目がつき、透き通った汁がにじんだらできあがり。
6)お皿に盛り付け、ブラックペッパーをふる。

味な一品 文:河内山シモオヌs-camargue.jpg
松下先生、私のおみやげの塩(写真右)を使ったと、わざわざ書いて送ってくれました。私も以前、やはりおみやげでいただいたことがある「Le Saunier de Camargue:Fleur de Sel de Camargue 」。ご存じの方も多いと思いますが、塩の花という名前の、フランス南部カマルグ地方でとれる天然海塩です。

つぶ状で海塩によくある苦みがなく、つまんで口に入れた時は、しょっぱいよりも美味しいという感想が先に出ました。硬水の喉越しに似た、独特のとろんとした感触があります。深々と嗅ぐと、穏やかな香りが。amazon.comの紹介によれば「the salt has a scent of violets as it dries(乾く時にスミレの香りがする)」のだとか。魚やローストした肉と、特に相性がよかったです。

【続きを読む】

【 鑑賞の肴 レシピ 】

2006-08-15-Tue-22:03

まえがき

今夜は友だちとお宝映像祭
飲む食べる話す観る、全部同時にやりましょう

トホホな舞台に決死のブー!
自腹で鉄槌下したものの、すきっ腹はおさまらぬ

こんな時にお勧めの、買わずにつくるおつまみのレシピを紹介します。
写真・文・レシピ提供
bota.gif
松下先生のイメージ画像
てんとう虫コミックスドラえもん3巻
「ああ、好き、好き、好き!」に出てくるぼた子

松下先生は私の友人で、現在はwebにレシピや食育に関する情報を寄稿するかたわら、自宅で料理教室を開催しています。教室の詳細・松下先生の経歴はこちら公式サイトをご覧ください。ころころお料理教室


松下先生は5分に1回ぐらい何か思いつくところ、思いつきのほとんどを実際やっているらしいところ、焦るとチープに買収されがちなところ、何か見聞きする時のとても楽しそうな様子はオバケのQ太郎に似ています。先生自身も似ていると言われた人/キャラの中で、オバQは喜多嶋舞や浜崎あゆみを抑え一番のお気に入りなのだとか。
でも料理人としての姿勢は、ぼた子のような人を目標にしているそうです。

「ああ、好き、好き、好き!」のあらすじ…ぼた子の家にいるかわいい子と仲良くなりたいのび太は、矢が刺さると放った人を好きになる道具「キューピッドの矢」を借りて、ハートを射止めようとやっきになります。が、矢はもちろんぼた子の尻を直撃。野比家の台所を占拠しておしかけ女房と化したぼた子を、松下先生が選んだ理由はどこに?

「料理好きな人は、ぼた子みたいにおせっかいなところがある。じゃないと人につくるのってけっこう面倒くさい。ぼた子のつくってるおかしは、友だちのかわいい子がつくるのより美味しそう」とのことです。

【続きを読む】

【 鑑賞の肴 レシピ 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。