劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2006-04-30-Sun-00:58

ハゲレット

昔は「fat」の解釈でデブにされ、今度はハゲになった。
いじられ続ける王子ハムレット、次は金歯かもしれぬ。
レビューはこちら 劇場紙風船 ハゲレット


こんなにも宗教と戦争をめぐる言葉が無理だと『ハゲレット』は言っているのに、この劇を観ても「はなからハムレット=普遍と決めてかかる物言い」ができるのは、劇中の人物たち以上に滑稽な茶番を演じているようだ。

私がこの劇から読み取った「舞台上の身体/言葉より日常の人間の方がよほどヘン」という意識は、とても完成度の高い表現で伝わってきた。ただしこういう意識の持ち方そのものは、目新しくはなかったかなと思う。「ハムレット」を直接の題材にはしていなくても、小劇場が以前から取り上げていたことだろう。

また、原作のハムレット・父王の亡霊・クローディアス・レイアティーズの連携プレイではっきりする「人物の思想と良心の根幹を貫く宗教」に関して、大変恣意的な演出だったと思う。
今回はExciteの方に直接フォローを書く。「ハゲレットの、考え続けることのすばらしさ」はいたるところで制作陣が言っているので、それを受け止めて考え続けてみようという意図だ。

ハゲレットを真に受けて考え続ける
スポンサーサイト

【 ハゲレット 】

2006-04-25-Tue-00:41

バレエの美神

前記事「ダンスを撮る、踊る シルヴィ・ギエム」で紹介した、マイヤ・プリセツカヤがベジャール振付『ボレロ』のソリストを踊るDVDのついでに…
80歳になるプリセツカヤが参加した 『バレエの美神(ミューズ)』の話

2006musechi.jpg
いつ見ても、すごいチラシをつくる会社だ。
こちらが想像するベタや恥というものの限界を、常に超えてくる。
中は、ピエトラガラがイレールの足にタックルをかけ損なったような、
だまし絵的構成(おそらく偶然の産物)になっている。

休憩を入れて205分強のガラ公演
マールイ(レニングラード国立バレエ)&ゲストのルジマトフを、私はおおらかな大衆演劇のノリで観ている。人の笑いのツボは古今東西あまり変わらないというが、同じように舞台鑑賞に対して人が変わらず求める娯楽性に、高い技術で応え続ける集団なのではなかろうかと。長期地方巡業も大衆演劇の劇団のようだ。
また『騎兵隊の休息』のような珍しい、伝統芸能における平時の軍隊・それはお笑いである、という作品も上演するので、コンテンポラリーや他のパフォーマンスと同じく気にかけていきたいと思っている。オーチャードホール06.02.03

【続きを読む】

【 ダンスを撮る、踊る シルヴィ・ギエム 】

2006-04-21-Fri-00:20

ダンスを撮る、踊る シルヴィ・ギエム

記事はこちら 劇場紙風船 ダンスを撮る、踊る

image4.jpg
自分を撮る、踊るシルヴィ・ギエム
画像転載元 VIVIMILANO.IT

第1回は、ギエムの踊るベジャール『ボレロ』のことを書いた。記事冒頭で少し触れた『日本最後のボレロ』公演は、ステロタイプの「肉体のピークを超え…喝采の中で20数回封印のリチュアルを…!」とかいう終わった感動ではなく、音と力に対する類まれな洞察力が、今後の新しい作品でどう展開していくのか、という未知の期待に繋がるものだったと思う。

さて、まずは『ボレロ』について今のところの雑ぱくな考察

リズム(群舞) 
しばしばベジャールがテーマにする、海をはじめとした抽象的な意味での自然の表徴
メロディ(ソリスト) 
全体像がわからないほど巨大で音として聞き取れないリズムから生まれ、やがてそれに憧れ観察し、それと戯れ共謀し、すてきな虚構でその始まりや終わりを捏造し、やっぱり負けるというか飲み込まれていく存在。具象的な誰かではなく、従って演/作の区別のない「芸術家」の、表現における壮絶なエネルギーと、彼らが表現する必然と快楽のすべて

ではないかと思っている。これは2005年の『植物庭園記』と『北斎展』を観て、植物ってものすごくリズミカルだなと感じたことがヒントになった。

現在すぐに観られる『ボレロ』映像の紹介

【続きを読む】

【 ダンスを撮る、踊る シルヴィ・ギエム 】

2006-04-19-Wed-00:26

タイトルを決めるまで

ns7864.jpg

ウェブ用の名前の河内山シモオヌから

歌舞伎に出てくる河内山宗俊

同じタイトルの映画があった

撮ったのは山中貞雄監督

代表作は『人情紙風船』

と連想したまではよかったが、人情をトップに持ってくるとどうにもいやらしい。
(ex.人情水風船・人情風船爆弾)
そこで薄情紙風船にしてみる。すわりがよくなった。
これでいくつもりだったが、最終的にひよって劇場紙風船にした。

天衣紛上野初花 河内山 くもにまううえのはつはな こうちやま
あらすじ: かつあげ。

【 雑誌SWITCH/劇場紙風船 全般のこと 】

2006-04-17-Mon-22:55

雑誌SWITCH インタビュー

インタビューの内容が引用つきで、下記サイトに紹介されました。
インタビュアーとしては、望外の喜びです。
主宰の皆さま、ありがとうございます。

うめ吉/06年2月号
檜山うめ吉情報 「SWITCH」2月号

本多一夫/05年5月下北沢特集号
PDF版《陸這記 Crawlin' on the Ground》
下北沢の記憶?踏切と猫と文学とカトリック教会と(197頁)

【続きを読む】

【 雑誌SWITCH/劇場紙風船 全般のこと 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。