劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2006-12-25-Mon-23:41

クリスマスカード/2006年の劇場紙風船 最終回

xmasbg.jpg

この記事は、クリスマスカード/2006年の劇場紙風船 その2の続きです。

SWITCHonExcite劇場紙風船に載せた記事について、また身体や舞台を観るという行為についてふだん思っていることを、全3回で書きます。

…その3つとは、こんなことです。
1
「どうしても自分たちにわからないことはあるだろうが、自分の実感から「これを取り上げたい」という思いが強まって、作品として上演する。で、やっぱりわからないことも残った。でもそれは、最初のわからなさとは質の違うものになったかもしれない。そしてわからないことは残っても、少しはましな方に進めるかもしれない。」こういう誠実な作品を、私は数多く観てきました。

だから観劇で生活を豊かにとか演劇は人を救えるとか、その類の台詞を臆面もなく、すぐ言う人が怖いです。人間に対して傲慢じゃないでしょうか、そんな認識は。人間の面倒くささや現実のとんでもない不条理には目をつぶっておいて、満々の善意だけは押し出すという、得体の知れない怖さを感じます。

xmasbunch.jpg

2
日常で、一見もっともらしく聴こえる言葉があります。
それがただの都合(例:言葉の後に続くその人の、妙な意見に同意してほしい)から出たもので、まるで実感が感じられない場合は、わりと早い段階で気がつくようになりました。
あ、だてに「ニート演劇」観てないんだな、と自覚する瞬間です。こういうカテゴライズが的を得ているかは、今はおくとします。

xmaspole.jpg

3
金を出すんだから観劇に失敗したくないという話は、やっぱり無理だと思います。
ほんとかなあと感じたら、1のような気味の悪い善意を感じない舞台好きな人に、「ちょっとこれはドボンだったなあっていう公演ある?」と聞いてみてください。どこがどのようにドボンだったのかも。面白い話が聞けるはずです。

それで一緒に笑ったりしても、作り手をバカにする行為にはなりません。
笑ったのは、その人が今までいろいろ観てきた体験を、きちんと層のように積んで行って、その上でドボンだった舞台をいい加減な言葉で片づけずに、じっくりつきあった。そのほんとうに愛情のある言葉が、とても愉快だったということなのです。

私も感銘を受けた公演の、どこがよかったかあれこれ考えるのはもちろん、ドボンな公演でも、自分にとって何か発見があればいいという舞台の楽しみ方をすることで、一見関係なさそうなものが結びついたり、自分の中で関連が出てきたりしました。
今まで「見方が人と違う」という言葉をたくさんいただきましたが、それはこういう思考の産物である気がします。

なんでそんなことをしてきたのかといえば、そうした方がうんと楽しいからです。理由はこれ以外にありません。

xmascasa.jpg

スポンサーサイト

【 雑誌SWITCH/劇場紙風船 全般のこと 】

2006-12-25-Mon-22:56

クリスマスカード/2006年の劇場紙風船 その2

xmasgentlemen.jpg

この記事は、クリスマスカード/2006年の劇場紙風船 その1の続きです。

SWITCHonExcite劇場紙風船に載せた記事について、また身体や舞台を観るという行為についてふだん思っていることを、全3回で書きます。

…いくらなんでも、スポーツはパフォーミングアーツではなく、芸術性のあるスポーツは芸術でないことぐらいは知っています。その上でなお、

アスリートの秩序立てられた身体
大変研ぎ澄まされているけれど、くっつけたりぶら下げたりしているものがたくさんある身体
観る側のニチャニチャした主観が立ち入る隙のないヒッティングの瞬間の動き
(テニスで)ボールをヒットする音は、選手のゲームの組み立てでわずかに変わる。それに気づくと、より攻めている選手が「こう変化させたい」と思っているリズムが、ボールの軌道やスピード(目)で確認する前に少しずつ感じられるようになる。実際に組み立てが成功した時に起こるリズムの変化は、もうとてつもない即興
(テニスで)スロー映像の助けをかりると、細かい必然がいくつも交錯する信じられない世界に近づける

なんて、やはり興味がつきないです。

サッカーは現場での体験がない分、自分のダラダラした意識の流れを汲んだ記事になりました。W杯で思いがけず観られたドラマティック・バレエのチープなパロディから、あれやこれや経て、最後はイスラム文化圏の話とプティパの『ライモンダ』へ。こうやって振り返るとバレエに戻ってきていたようです。

xmasgump.jpg

SWITCHonExciteでは取り上げませんでしたが、プロレスを初めて観た時に感じた、芝居小屋に通じる強烈な薫りも忘れられないです。
観客の掛け声・ブックとアングル・レスラー。3つの関係の緊密度は、今の歌舞伎座の大向こう・松竹・役者のそれを凌駕していました。仮に興行は結果のわかっていることだとしても、事前の取り決め、駆け引き、仕掛けなどはリアルです。それがどう進行するのかは、リング上の身体を観ないとわからないことです。
いつもうまくかみあった興行ばかりではありませんでしたが、あのエンタテイメントの黄金トライアングルに、また遭遇したいという気持ちもあります。

スポーツやプロレスの身体についてそういう見方をしていると、今度は

芸術やエンタテイメントにおける、音楽と身体のとても開かれた関係
アスリートとは異なる秩序のある身体
秩序という伝統的でメソジカルなものとは質を異にする身体

つまり舞台で観られる身体のいくつかですが、こっちはこっちでなんて可能性があるんだろうという興味に繋がってきます。
どっちかに肩入れするとかではなくて、デュアルにどんと面白さが開けてくるのです。

そのほかに、舞台を観てきて自分に何が言えるかというと、今のところたった三つしかないような気がします。…続く

クリスマスカード/2006年の劇場紙風船 最終回へ

【 雑誌SWITCH/劇場紙風船 全般のこと 】

2006-12-23-Sat-23:24

クリスマスカード/2006年の劇場紙風船 その1

xmassom.jpg

私はスポーツやアスリートに対して、好き/嫌いというほどの強い感情は持っていません。たまに実況の奇声など、スポーツ周辺の言葉に萎えたりすることはあります。

でもそれより、わりとはっきり嫌悪感を覚えるものが二つあります。どちらも演劇周辺のことで、まず一つ目は、観に行った数の多さでその人の目や耳を判断できるとする、尊大な態度です。

数多く長年観ている人の言葉は貴重だと思います。が、いっこうに舞台の話をせずに数/年数自慢を出す人は、舞台を通してどんな他者に邂逅したかなど実はどうでもよくて、お金を出して(パトロンの爪の垢ほど)業界の存続に貢献したことを褒めれば、気が済むのでしょうか。
「たくさん観ている人が面白いって言うんだから面白いだろう」式の曇天ジャッジも雑でしょう。どんな見方で何を面白がり、それをどう伝えているかということは、まるで検討されていないからです。

オバケのQ太郎は並外れた大食いで、パンツのゴムやぞうり、かんづめが缶ごと入ったやみじるを「こんなうまいものはじめてだよ」と食べていました。
たくさん食べることと味覚の鋭さがいつも比例していたら、小学生にもわかるこのギャグ、成立しないですね。今さら「例外もないとはいえない」ってのはなしにしてほしいです。

これと同じぐらい嫌悪感を覚えるのは、自分の観ている舞台が、己の知性や文化的水準を保証してくれるという思い込みです。

自分の思想や存在をアピールするために都合のよい作品を、決まった見方で観る人たちの言葉に出会うと、仕方ないので私はネタとして考えてきました。
私は特定の演劇だけに拘って観るとか、先物買いに特化するやり方を否定するつもりはないです。それでしかわからないことは必ずあります。また、売れるとそっけない反応をする後者のしょうがない面はさておき、自分の好みを人に説くパッションと先物買いの才能は、すごい芸を観ている気になります。

しかしその態度こそ演劇が好きで好きでたまらない唯一の証しであり、一歩でも外から眺めてみようとするものを、演劇への関心・熱意が劣っているなどと、観て書くだけの人間が決めつけるのは不毛なことだと思います。

【続きを読む】

【 雑誌SWITCH/劇場紙風船 全般のこと 】

2006-12-22-Fri-02:00

オードブル3品 ライスコロッケ/玉ねぎのワイン煮/アスパラのツナソテー

タイトル・レシピ・写真:松下和代3pin.jpg
ライスコロッケ
○材料(10個分)
米・・・2合
トマトピューレ・・・大さじ3
コンソメスープ・・・カップ2弱
みじん切りの玉ねぎ・・・1/2
スライスチーズ・・・30g?お好みで
オリーブオイル・・・50cc
ころもつけ用の小麦粉、卵、パン粉(生)

○作り方
1)米は洗わずにトマトピューレとコンソメスープ、玉ねぎを加えて炊飯器で炊く。
2)スライスチーズを炊飯器の中で混ぜて、10等分の団子状にする。
3)小麦粉、卵、パン粉(生)でころもをつける。
4)小さめ15cm程のフライパンにオリーブオイルを入れ、3)を転がしながら揚げる。

【続きを読む】

【 鑑賞の肴 レシピ 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。