劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2007-03-24-Sat-09:22

世界水泳2007 シンクロナイズド・スイミング

仰天!世界水泳2007シンクロのスペインチーム。

フリールーティンのテーマがアフリカだそうです。
全員コーンヘアを意識したスイミングキャップを被っているのですが、ちょっと西瓜がモノクロになったみたいな…(『魁!!男塾』の中にいそうだともいえましょう)。それから曲調、振付など「アフリカンイメージ」のつくり込みがポストコロニアルどころか、まんまコロニアルに感じられました。

たとえばバレエ『ファラオの娘』には、漫画のような黒人のマスクを被ったダンサーが出てきますが、それには「クラシック(バレエ)」という冠がついています。
スペインチームは、伝統芸能とかまだコードがゆるかった頃の作品とか、そういう了解事項がなあんにもない状態で、「ヨーロッパ様が愛でるアフリカ」的なイメージを堂々と打ち出していました。以前「芸術性ってなんですか イメージと身体」という記事で、「シンクロがよく知られている地域で、安心して受け入れられる既存のイメージにコミットする方向性がある」という見方をしたのですが、植民地時代まで遡るとは…。

そして高得点が出た瞬間、西瓜のまま感極まって抱き合う、エッジなかっこいい身体の皆さん。現代から見た歴史の遠近がグラグラゆらぐ、不思議な光景でした(予選)。

追記:決勝ではフランスのジャッジがアーティスティックインプレッションで10点を出していました。物議をかもしたケ・ブランリ美術館をつくった国らしい、演劇を超えたベタな展開です。
s-pre-home.jpg

スキンケアプロダクツや生活雑貨のブランド、フランスのロクシタンの看板商品「ピュアシアバター」リーフレットを読むと、ブルキナファソの女性から直接シアバターを買い付けて、フェアトレードによって生活に貢献していることが囲み記事で書かれています。
一般に、ヨーロッパ経由のアフリカ情報は利権という背景があってなかなか鵜呑みにしにくい時があります。アフリカ産のものをヨーロッパの資本で扱う際には、いろいろ注意や苦労があるのでしょう。


シアバターは西アフリカに生育するシアの木の実から抽出される、保湿効果の高い植物エキスです。個人的にはくちびるに使うと効果てきめんでした。この前、15年ぐらい無駄に寝かせたシアバター缶を見つけたので様子を見てみましたら、きれいな白色を保っていました(ただし若干の異臭が)。


さてスペインチームの中にはソロ、デュエット、チーム(すべてテクニカルルーティンとフリールーティン両方)、フリーコンビネーションに出場しているエマ・メングアルの姿も見えました。
出場リストはFINA公式より
今大会は28歳ヴィルジニー・デデュー(フランス)の、ソロ・フリールーティンへの復帰が話題になりましたが、ずっとコンスタントにメダルをとってきて、今回全種目に出る29歳のメングアルも、やはりすばらしいアスリートなのではないでしょうか。

mengual
エマ・メングアル 画像転載元 AFP BB News

【続きを読む】
スポンサーサイト

【 シンクロナイズド・スイミング FINA Synchronised Swimming World Cup 2006 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。