劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2006-05-27-Sat-00:02

ミュージカルの芸とミュージカル級のゲイ

映画『プロデューサーズ』の記事(1)(2)と関連しそうな

コニー & カーラ コニー & カーラ
ニア・ヴァルダロス (2005/05/18)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ジョン・キャメロン・ミッチェル (2002/09/06)
エスピーオー
この商品の詳細を見る


異性装嗜好者のゲイがみな、芸術的感性が鋭く話が面白く、懐が深いとは限らず、中にはその真逆の人もいるかもしれない。しかし見知らぬ人から挨拶のように「化け物」と罵られたり、人の痛みを知る機会が多いのもたしかなことだと気づく作品(『コニー&カーラ』)。

売れない女芸人二名が、ひょんなことから身を隠すはめになりロスへ出て、最強の目くらましと思われたドラァグクィーンの格好で生活する。彼女たちが本性を隠したまま、知り合って親しくなるゲイの仲間らの悲喜こもごもが、二人の目線を通して描かれる。味わい深い名作にしようと(多分)思っていないドライなB級感に貫かれ、ラウンジアクトやナイトクラブのショウなど劇中コント的な体裁で、いろいろなミュージカルが出てくる。比較的近年の作品が多い。

コニーとカーラは、ものすごく気持ちよさそうにナンバーを歌いまくる。『ジーザス・クライスト・スーパースター』はシーツに穴をあけてかぶれば衣装はなんとかなるということと、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』がなんで出てこないのかといえば、内容が直球過ぎるからだろうという発見もあった。かわして使う方法はあると思うが、このへんの緩さが惜しい。そういえば、ヘドヴィグにもレントが少し引用されている。

『プロデューサーズ』のレビューに書いた「ロジャーらの言動に対する既視感」は、今ではなく少し前にこういう人いたなあ、というものだ。先輩たちの努力により、もはやミュージカル級の「gay」を演じる必要がなくなってきたのか、あるいは単に非コテコテが近年の流行とか。

映画に出てきたような、さまざまなステロタイプやベタは完全に芝居の中だけの話で、現実の自分を一つのタイプに染めなければと思うような強迫観念のない社会がもしあったら、それはある意味成熟と言えるのかもしれない。でも実際は、紋切り型がなくなると面倒ないしは困るという意思によってステロタイプは再生産され、日常で演じられていくのではないかと思う。

(映画『プロデュース』の記事から引用)
 「プロデューサーズ」ではゲイ:gayの2つの意味(同性愛の/陽気で華やかな)が目まぐるしくスイッチし続ける。ロジャーとカルメンもキャッキャッとはしゃぎエモーショナルな表現をするのだが、他の人物同様大いに誇張されているにもかかわらず、何度も思い出し笑いできそうな言動にはなぜか既視感があり、どちらかといえば彼らはナチュラルに映った。
 現実の人間のキャラクターは、他一切を否定した自我のみで成り立つのではなく、周りに受け入れられやすい在り方を意識することによって形成される、と仮に考えてみよう。さてここに、ロジャーらの誇張された人物像を、そう極端にも感じない現実がある。その現実のキャラクターは多分に意識的にできたのだとすると、理由はさておき(同性愛者全員とは言えないが)彼らは、日常でプレゼンする自分の「人となり」を、限りなくミュージカル級の「芸」に近づける必要があったということになる。なぜかといえば、そもそも人は他人の自我などできる限り無関心な生き物で、ステロタイプに当てはまるものなら、関心がなくてもわかるからだ。
スポンサーサイト

【 プロデューサーズ 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。