劇場紙風船 おふろ場


SWITCHonExcite劇場紙風船に書いた記事の、おまけページです
観たもののリストや各種思いつき、特集記事などは大福帳に載せています

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 スポンサー広告 】

2006-07-31-Mon-08:55

演劇の目で観たスポーツ 終わりに(前後編)

記事はこちら
劇場紙風船
いつも正しい言葉とサッカー
フランス語の先生とイスラム

20060731083500.jpg   icon1.gif
左の写真は小冊子「Le football」(DELF・DALF試験管理センター制作)に載っていた画像ですが…これはほんとうにサッカー(のルーツの競技)に興じる青年の姿なのでしょうか。
まず腿の上にあるのが重石に見えます。拷問中のように感じられなくもないです。また後ろで手を組んでいるのかと思いきや、よく見ると指ではなく縄。それにただでさえ荒っぽい競技なのに、このかっこうでやったら無駄に危険でしょう。
もしかしたら、中世ヨーロッパにおける農村祭礼行事→イギリスのパブリックスクールでスポーツ化、というサッカー史とは違う文脈からのレリーフかもしれません。ふだん詳しく言及されないルーツ(があるとしたら、それ)をめいっぱい紹介した方が、刊行物として耳目を集めそうな気もするのですが。教育関連書物の特権は、こういう時にこそいかしてほしかったです。

さてサッカーに対する多様な見方の一つを知る資料として、画像右The Simpsonsの第9シーズンエピソード「ホーマーのピストル大騒動」を紹介します。
原題はThe Cartridge Familyです。

「ホーマーのピストル大騒動」前半のあらすじ
前の日に詩人の集会が行われたスプリングフィールドのスタジアムで、今日サッカーの試合(Continental Soccer Association match)があるとTVで知った住民たちは、観戦しようと集まってきた。シンプソンファミリーもやってくる。

彼らがくるきっかけになった、試合開催のお知らせCMのナレーションが簡潔ですばらしい。
「見えないパス、どこへいくかわからないヘディング、なかなか決まらないゴール。これぞサッカー!!!!!」。
続いて、そっくりで髪型だけ違ったり、同名で?とか?とかの選手が次々紹介される。それを見たバートとリサが、連れてってぇーとねだるいんちきな展開があり、その後一家がスタジアムにやってきた場面に繋がる。

試合前、ピースフルで崇高なメッセージを観客に伝えるはずのスター選手。しかしマイクパフォーマンスはただ一言「サッカーの王様は俺、洗剤の王様はこれ」。盛大な拍手を送るスポンサーから、巨大な金袋を渡される。
ゲーム開始後、ボールは同じところを行きつ戻りつしているだけで、選手は定位置からまったく動かない。会場は静まり返り、観衆の目玉がぱちくりするだけのシーンが続く。その静寂を破るホーマーのヤジ「つまんねえぞ?」をきっかけに、地元住民が興奮して大暴動がおきる。

以上、数年前に一度観た記憶をたよりに書き起こしたので、台詞の細部は違っている可能性があります。
アメリカにおけるサッカーのステロタイプなイメージが、わずかな時間内に凝縮されています。やっぱりアメリカ国内ではアメフトの方がすごいビジネスで、まだ今のところは、そちらにさまざまな才能も旨味も集まりがちなのだろうと思わせるエピソードです。
ホーマー・シンプソン
movie_teaser.gif
スポンサーサイト

【 演劇の目で観たスポーツ フレンチオープンテニス/サッカー 】

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。